本文へスキップ

採用情報先輩を知る






快適なまちづくりの一翼を担う

 現在、私は地下鉄南北線仙台駅改良建築工事に携わっています。平成27年開業の東西線に合わせ仙台駅構内のエレベーターやエスカレーターの整備が主な工事内容です。1日約33,000人、年間約12,260,000人以上の利用者数のある地下鉄仙台駅の中での仕事であるため、第三者への配慮や地下鉄の運行への支障がないように気をつかいながら日々の仕事に当たっています。
 また、地下鉄の終電後0:00~AM5:30の夜間作業もあり、一般的な工事より作業時間が短く工程管理がとても難しい現場です。かなり変則的な工事であるため苦労する点も多いですが、一部先行してお引き渡ししたエレベーターをお年寄りの方や体の不自由な方が快適に利用している姿を見ると感慨深い気持ちになります。
 実は工事中にお年寄りの女性の方に声を掛けられた事がありました。「便利なものをありがとう。」たったひと言だけでしたが、涙が出そうなくらい嬉しかったです。そして、この仕事は多くの方達の役に立つ すごい仕事なんだなと改めて感じた瞬間でした。

菅原竜太02

ものづくりの醍醐味を味わう

 私達の仕事(ものづくり)は設計図を基にしています。しかし現場は設計図だけでは完成しません。部分的な詳細を検討した施工図や多くの職種を効率的に稼働させるための実施工程表があって初めてものづくりは進行していくのです。特に悩み抜いて出した結論がうまく行ったり、きれいに仕上がった時は、最高に嬉しく思います。
 とはいえ、これまで失敗や間違いは何度もあります。竣工引き渡しの前日ギリギリまで工事をしていた事もありました。この仕事は苦労することも多いですが、一つのプロジェクトが完成した時の感動や充実感は言葉では言い表せない素晴らしいものだと思います。
 私は現在、所長として現場を運営する立場にはありますが、まだまだ発展途上だと思います。設計事務所や協力会社など、多くの人達との出会いを大切にして心のこもった良い作品を作れる様人間として成長して行きたいと思います。




菅原竜太03

就職活動中の学生へのメッセージ

 現在、建築の仕事に携わる私ですが、実は学生時代は土木を専攻していました。当然の様に就職活動は土木系の建設会社を多く見て回りましたが、会社訪問を重ねるごとに建物への興味が大きくなっていく自分を発見しました。結果的に建築現場に立つ今の自分が居る訳ですが、就職活動は自分を見つめ直す良い機会でもあると思います。何事も恐れずチャレンジ精神で行動してください。道は開けるはずです。







バナースペース

株式会社 阿部和工務店

〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉1丁目17番18号銅谷ビル

TEL 022-264-0411
FAX 022-225-5244